使用する機器について


 


この施術では、『キセノン治療器』と『バイオカナックス』という2つの機器を用います。


 


1. キセノン治療器


キセノン治療器は,キセノン光という特殊な光によって、各種の痛みや腫脹を改善する装置です。キセノン光の発する近赤外線は生体を透過しやすい波長と同じ波長帯を持っています。これによって,体の深部まで光を到達させることができます。 皮膚を透過して深部に到達したキセノン光のエネルギーは、


・患部の血流量を増加させ,新陳代謝を促し治療を促進する


・各種の酵素に作用し、痛みや褥創,腫脹などの治療をする


・細胞膜やシナプス,神経終末を活性化させ、自律神経のバランス調整を行う


等の作用があります。これを、頚部にある自律神経の束、『星状神経節』に照射することにより自律神経を整えます。この器械はほぼ刺激がありません(照射部が少し暖かくなってくるのみです)ので、安心して施術を受けていただけます。





2. バイオカナックス


この器械では、知覚レベル以下の非常に刺激の弱い電流を流すことによりお身体を細胞レベルで修復する治療(マイクロカレント療法)を行う器械です。 私たちの体を構成している細胞は全て電気を持っています。傷ついた細胞は、この電気が乱れているといわれています。そこで、体内の生理的電流に類似した刺激を外部より与えることにより、細胞レベルで治癒・回復を促すのがこの器械となります。 この施術では、全身に電流を流すことにより、細胞レベルで全身を活性化させます。 こちらも、ほとんど刺激はありませんのでご安心ください。


 


 


クラニオセイクラル・セラピーに戻るにはこちら