AKA療法とは


 


AKAとは、Arthrokinematic Approach(アルスロキネマティックアプローチ:関節運動学的アプローチ)の略であり、動きが悪くなった関節を調整する治療方法です。この治療方法は、日本の整形外科医によって提唱されました。


全て関節は、動きの方向に法則があります。この法則にのっとり、関節神経学を考慮して、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋等の関節包内運動の異常を取り除き治療する方法です。 関節の中でも特に重要な働きをしていると考えられているのが骨盤にある『仙腸関節』と呼ばれる関節です。当院の施術方法でも、頭蓋骨とともに仙腸関節を中心にアプローチを行います。





さて、実際の施術方法ですが、片方の手で仙骨を抑え、もう一方の手で腸骨を誘導していき調整を行います。強い力を急激に加えるのではなく、ゆっくりと丁寧に調整を行いますので、痛みはほとんどありません。



仙腸関節への施術ですが、骨盤部分の動きをよくすることにより脳脊髄液の循環を促し神経系を活性化させると考えられます。 また、自律神経への作用以外にも、


・腰部痛・股関節痛の緩和


・坐骨神経痛の緩和


・生理痛や生理不順の改善


などにも効果があるといわれています。上記のような症状でお悩みの方もお気軽にご相談ください。


クラニオセイクラル・セラピーに戻るにはこちら